つんぞー日記inドイツ

ドイツでの出来事の日記。渡独後のあれこれを書きたい。。。

カッセルヘラクレス像 水の祭典

最近すこぶる天気が悪い。
春からは天気いいんじゃないの?!
なかなか予定が立てにくい。

カッセルの水の祭典に行きたいと思っていたので、晴れの日を狙って行ったわけだけど・・・
晴れで出発。
早速雨。
ランチ中雨で止んでーと思いながらランチ。


冬に行って美味しかったホテルレストラン。
Centrinum Altstadt Hotel Melsungen

冬に来た時食べた洋ナシとローストクルミのなんだったかを母に食べてもらいたかったので聞いたがなかった。。。
残念。
季節メニューだったのかな。。。


三品注文。

・鶏肉のスライス アンズタケのクリームソース クリスピーなスイスロスティとサラダ

これこれ!
ポテトのカリカリ!
冬に来た時食べたの!
鶏肉は柔らかで、アンズタケのシャキシャキ感が好み。
サラダもドレッシングが美味しかったのか、おもちちゃんもパクパク。


・ニンニク、セミドライトマト、パルメザンチーズ、トーストした松の実、ルッコラの
タリアリーニ

私はちょっと麺柔らかめかなと思ったけど、たろーさんは気に入ったらしい。

 

・仔牛のサドルの柔らかいスライス、トリュフクリーム、ルッコラ添え、トーストした松の実と

トリュフの香りがフワッと。
松の実がいいアクセントで美味しかった。
そして牛柔らかい。
ドイツに来て柔らかい牛食べたの初めてかも。。。

メルズンゲンの街もかわいらしい街だったから散策したかったけどあいにくの雨。
カッセルに着くころには止みますように。

 

カッセルに戻ると、謎の渋滞。
開始時刻に間に合わず。
まぁ16時までに見れたらいいのか、と思いつつ渋滞に少し焦る。

 

そんなに混まないだろうとなぜか思っていたけど、激込み。
駐車場は満車で、車道に停めて歩く。
駐車場使わないのに駐車場代7€。

この先の駐車場まで歩いて、ヘラクレス像まで。

 

ヘラクレス像。

これを見てたろーさん。
「プリケツだな。そりゃ見せたくもなるわ。」と。
え!そこ!
。。。確かに。
キュッと上がってさすがなお尻様です。
その着眼点はなかったな。

 

 

今日はぽてとも一緒。
おもちちゃんはぽてとのお散歩したがって譲らないので、おもちちゃんがぽてと係。
どっちがお散歩されてるかわからない。

 

 

 

ヘラクレス像の眼下にはカッセルの街。

ピンクの服の方が、おもちちゃんを見て「すごくかわいい」と投げキッスしてくれた。
写真撮っていい?と言われたけど、おもちちゃん照れちゃって隠れてしまった。
おもちちゃん海外でウケが良い気がする。
何だろう。。。日本人からしたら海外の小さい子はみんなお人形さんみたいにかわいいし完成されてると思うんだけど。
掘が深い海外の方からすると、見慣れ過ぎて平たい族がかわいく見えるのか?
とか思ったり。
おもちちゃんはお人形さんみたいなかわいさじゃないけど、なんかかわいらしい。
親の欲目かもだけど。


そしてこの噴水階段の脇の階段を下りていく。

噴水の水が染み出して、階段はびちょびちょ。
おもちちゃん、わざわざ水のところへ。
子供は楽しい。
大人は苦しい。
噴水の汚い水がかかる。。。

おもちちゃん長靴にしたらよかった。
次回があれば長靴だな。

水びちょびちょを除けば、ここまではそこまで辛くない。
おもちちゃんに至っては全くノーダメージ。
階段大好きおもちちゃんには楽しいアトラクションだっただろう。
そしておもちさんポージングうまいな。

 

どうやら噴水は一番下の建物前だとわかり、急いで下る。
悪魔の橋。
そっちも渡ってみたかったがとにかく大噴水に直行。

 

森を駆け降りる。
すると、噴水が見えた!
大きい!!

 

折角だから間近で見ようと思いもう一つ森を抜ける!
滝?を通り・・・(水の汚さにびっくり)

 

ついに下まで到達!!
なかなかの迫力!
ぎりぎり16時前!

徐々に小さくなって終わっていった。
もし次回があるなら、下で待っててまったり見るか、14:30の開始時間と同時に噴水の吹き出しをみながら降りてきて、大噴水の吹き出す瞬間を見たいな。

 

とにかく見れてよかった。

この黄色い花の下の幹で木登りしている子供がたくさん。
おもちちゃんも登りたい!と木登りを満喫。

 

 

 

こんな登りやすそうな木あんまり日本で見ないような気がすると。
確かに。

そしてまたヘラクレスさんの元まで帰らねば。。。
遠いなー。


途中羊さんにも会い。

山登りのような感覚で階段麓に到着。
その頃には結構息切れ。
そしてまたこのながーい階段を上るのか。。。
帰りはつらいな。

キンキンに冷えた炭酸水が欲しい・・・
が、そんなものはない。
ひたすら上る。
しんどい。

ただ一人フルパワーのおもちさん。
疲れないってすごい。
若いってすごい。
おもちってすごい。
私は上りきるころには息も絶え絶え。
タンクトップでも暑い。
確実に筋肉痛。

なんとも良い運動になった。

次はたろーさんの希望で、ラプンツェルの塔へ。

途中アルパカちゃんに会う。
色んな動物見るけど、アルパカは初めて。

 

羊もいた。
ドイツにもいるんだ、羊。

 

ドイツっぽい風景。
のどかだなー。

 

30分くらいと聞いていたが、1時間くらいして到着。
これは帰りつくのが遅くなるな。。。


なかなかな高さ。
昔はお城だったらしいが、お金持ちが買い取り、そこに住んでいたらしい!
そしてその人が始めたのか別の人が始めたのかわからないが、今はホテルとして残っている。

 

近づくと、ラプンツェルの三つ編みが!
おー。
ラプンツェルだ!
(語彙力。。。笑)

 

この塔をくぐるとかわいらしい光景。

 

そしてその先には眺めの良いレストラン。
夕飯は帰宅後と思っていたが予想以上に時間が遅くなってしまった。
食べて帰ろうかと、来る途中で見たドイツ料理店とこことで迷い、ちょっと観光客レストランかなー・・・と不安を持ちつつせっかくの景色だしとここで夕食。

入ると外席はドリンク用で?使えないと。
残念。
景色目当てだったのにー。
まあ店内からも景色は見えたけど。


おもちちゃん塗り絵と色鉛筆を貸してもらう。

メニューに日本語が!!
(メニューは日本語ではない)
日本人よく来るのかな?!
ディズニーファンとかかな?
ということはやっぱり観光客レストラン?

最初にパンと、トマトバターがでてきた。
このバター美味しかった。

待つこと長いこと。
さすがドイツ。
お客さんは全部で4組。
混んでないけどゆっくり。
早く帰るべきだったかとよぎるが遅い。
折角なので楽しもう。

エビのパプリカクリームスープ 14€(高!)
お皿にたっぷりくるかと思ったけどスープカップだった。

 

串焼きお肉の色々? 38€(高!!)
もっと何本かあるかと思いきやまさかの1本。
・・・ちょっと期待外れ。

スープは美味しかったけど、お値段に見合わない。。。
追加はやめて、デザートを注文。


ワインアイスとチェリーのデザート 12€?

きれいなプレート。
ワインムースジュレみたいなワインが効いたものの中にアイスクリーム。

 

カプチーノパンナコッタ? 10€?

これは美味しかった。

店内は灯油の香り?
なんだか冬のゲレンデホテルを思わせる懐かしい香りがした。

店員さんはとても感じが良く、お会計後に少しおしゃべりをした。
水の祭典行ったと話すと、よくお客さんから聞くけど、まだ行ったことないと!
近いから行ってないってなんかわかる。
私たちも住んでいる街は近いしいつでも行けるからと後回しにしている。
お料理はイマイチだったけど、気さくな店員さんで後味が良かった。

テラスは絶景。

 

最近おもちちゃん、写真を撮るとポージングする。
教えてないのにすごいな。
海外の方が写真撮るの見てるからかな。

 

そして帰路につくわけだが、真っ暗な中ナビの通り行くと行き止まり。
迂回して行けたと思ったら道の真ん中に砂の山どーん!
お次はショベルカーどーん!
お次は道路に穴どーん!
えぐれてるーーーー!!!

どうなってんだ!
真っ暗闇の林道でこんな道で神隠しにでもあったんじゃないかとヒヤヒヤ。
そもそもアウトバーンになぜのらないんだ!?と不安になりながらなんとか林道脱出。

恐らく工事中か整備中だったのだろう。。。
ナビさんそんな道案内しないでくださいよ。。。

そんなこんなでなぜかアウトバーンにのるまで1時間くらい走り、ようやくアウトバーンに入り一安心。
帰り着いたのは23時近かった。。。
皆さんお疲れさまでした。